やわらかいタオルを作る

オリジナルのタオル製作を頼んだら、イラストやロゴの部分が硬くてタオルとして使いにくい、ということがあります。それはプリントの方法が原因になっていることが多くあります。

オリジナルタオルの加工方法の代表的なものには、顔料プリント、染料プリントがあります。顔料プリントはプリント面が硬くなりやすく、色落ちしやすいといった面もありますが、細いラインを出しやすい、コストが安い、といったメリットがあります。一方の染料プリントは、時間やコストがかかる分、タオルの仕上がりがやわらかい、というメリットがあります。どのようなデザインをするのか、タオルのやわらかさをどこまで求めるか、といった点を検討して選ぶといいでしょう。

もし、100枚以上など数量が多い場合は、毛違いジャガード織りという方法も選択肢の一つとして検討してみるといいでしょう。毛違いジャガード織りは、染色されている色を織り込んでデザインをしていく方法です。肌触りがよく、使い心地がいいというメリットのほか、耐久性にも優れているのが魅力です。コストは高いのですが、大量に製作する場合はこういった方法も考慮してみるといいでしょう。応援タオルを製作する場合は、何を優先するかによって製作方法を決めることが必要です。

タオル製作の注意点

オリジナルの応援タオルを製作する際には注意したい点があります。一つは色の違いです。布に印刷する場合、髪やパソコン上で見ている色とは違ってしまうものです。実際はどのような色になるのかよく確認することが必要です。色が違うと自分達がイメージしていたものとは違ったものができてしまいます。仕上がりの色には注意が必要です。

また、オリジナルタオルの制作には時間がかかることがあります。注文をする際には余裕を持つようにしましょう。また、納期通りに製作をしてくれない業者もあるので、正確に納期を守る業者を選ぶことも大切です。

デザインや使用する色などによっては、イメージが異なる、生地がごわついてしまう、ということがあります。応援タオルといってもやはり肌触りがいいものが良いでしょう。できればイラストを入れてもごわつかないというタオルを作ってくれる業者を選びましょう。

いろいろなデザインができるといってもタオルにプリントするわけですから、細かい点まではきれいにプリントすることは不可能です。太めの文字やシンプルなイラストの方がきれいに仕上がりますし、映えるでしょう。どの程度まで希望通りのものができるのか、よく相談して決めるようにしましょう。

タオル製作の方法

応援タオルはユニフォームやおそろいのウェアを制作するのと同様、注文をすれば製作してくれます。そして文字が自由に入れることもできますので、オリジナルタオルを作ることも可能です。

写真やイラストなども入れられます。文字やデザインを自分で考えるのは面倒だと言う人は、決まったフォームがあり、そこから選ぶという方法で注文することもできます。お店によってはカラーも豊富でさまざまなデザインに対応してくれるので、自由に作りたい場合はそういったお店を選ぶといいでしょう。中にはフード付きのタオル製作をしてくれるところもあります。

中にはインターネット上で、自分でデザインをして注文する方法もあります。最初から自分ですべてをデザインするのではなく、フォントが選べる、写真やイラストを入れることもできる、色も選べるので、オリジナルの応援タイルを製作することが可能です。操作方法もシンプルで簡単なので、パソコンに慣れていない人でも迷わずに製作することができます。

タオル1枚から製作を請け負ってくれるところも多いです。価格は会社によって異なります。見積もりは無料で出してくれるケースがほとんどなので、複数の会社に相談してみて適切なところに注文しましょう。

見た目と素材にこだわる応援タオル

高校野球やサッカーなどを見ていると、おそろいのタオルを学校ごとにそろえています。選手だけではなく、応援する学生や父兄もおそろいの応援タオルを持って、選手たちに声援を送っています。

学生の場合は、スクールカラーに合わせた色を使い、学校名やロゴが入っているタオルが一般的ですが、応援タオルにはさまざまな種類があります。応援タオルは応援メッセージなどを入れることができたり、文言を入れたりして作ることもできます。タオルをかざしながら選手たちを応援することで、選手も励みになるというメリットがあります。

見た目が派手だったり、デザインがキレイだったりするのも応援タオルの特徴ですが、やはりタオルとしての素材にも配慮したいものです。タオルは汗を吸い取ってくれる素材がおすすめです。さらに速乾性があるとうれしいです。首にかけたり、頭に巻いたりすることもあるので、肌触りも重要です。また、何度洗濯しても素材の質がそのまま保てるというタオル素材がいいでしょう。

タオルは応援だけではなくさまざまな使い道があります。プレゼントとしても重宝がられるのがタオルの魅力です。何枚あってもいいものですし、使い古したものは吸汗性も低くなりますし、ごわごわして快適に汗を吸い取ってくれません。新しいフワフワのタオルを使いたいものです。そう考えると、タオルはいくつ持っていてもいいものです。応援タオルも素材のいい、見た目も素敵なものがおすすめです。どのように作れるのか、また応援タオルの選び方についても紹介します。